ペット火葬は北海道札幌市「株式会社ネクスト・ライフ」へ|年中無休

大切な思い出とともに次の未来へ~ペット火葬・ペット供養はプロにお任せください
0120954289

コラム

ペットの火葬とその考え方について

ペットとの関わり方は、時代とともに変化していっています。 近年では特に「家族の一員」としての価値観が根付き、きょうだい・子ども同然のように過ごす人も多くなりました。このため、「見送る際も、人間と同じように見送りたい」と考える人が増えてきています。 人間と同じような弔い方といえば、「火葬」です。ペットの火葬について見ていきましょう。

目次



1.法律と「ペットの弔い方」の関係
2.自治体の火葬場・民間の業者で火葬は行うことができる
3.民間業者に依頼する場合
4.自治体での火葬と民間業者での火葬の違い
5.ペットが亡くなってから火葬までの流れ
6.ペットの火葬に要する費用相場
7.ペットの火葬を行うときに注意すること
8.火葬を行うペットの基準
9.火葬後の遺骨の保管方法
10.記事のまとめ

1.法律と「ペットの弔い方」の関係

ペットと火葬の関係を見る前に、まずは「ペットが息を引き取ったとき、法律的にはどのような弔い方が義務付けられているか」について確認しましょう。

ペットがけがをさせられたときに問われるのが「器物損壊罪」であることからも想像がつくかもしれませんが、ペットの遺体も「物」として扱われるため人間とは異なります。

ここでは「ペットと火葬」を取り上げていますが、実のところ、ペットを火葬にしなければならないという法律的な定めはありません。
ペットの遺体は、法律的には「廃棄物」として扱われます。そのため、ゴミとして出しても問題はありません。

ただ、心情的に、「自分と長く一緒に過ごしていた大切なペットを、ゴミとして処分すること」には多くの人が抵抗を覚えることでしょう。

そのため、多くの人は、なんらかのかたちでペットをきちんと弔おうとします。そのときの選択肢として出てくるのが、「火葬」「埋葬」なのではないでしょうか。

学校で飼っていたペットや実家で飼っていたペットを、学校や家の敷地に埋めたことのある人もいると思われます。これも供養のかたちのうちのひとつです。

なかには、「亡くなったペットが自然に還り、そこから美しい花を咲かすように」という願いを込めて、庭に埋める人もいます。もちろん、このやり方も非難されるべきではありません。 ただ、「できるだけ人間と同じように弔ってあげたい」と考える人もいるでしょう。

その場合は、「火葬」という方法をとることになります。
なお、法律では厳密にいえば、“何人も、次に掲げる方法による場合を除き、廃棄物を焼却してはならない
「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」第四章から引用

と、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」の第4章に定められています(尚、ここでいう「次に掲げる法律」は、簡単にいえば、「ゴミを処理するための基準に従って行うもの」「ほかの法律に定められているもの」「公益上や社会の慣習上仕方のない場合であり、周りに影響の少ないもの」の3つをいいます)。 これにのっとれば、厳密には「ペットの遺体を火葬に処すこと」も「焼却」にあたるように思われますが、厚生労働省では「家族の気持ちを考慮することとし、基本的には問題ない」としています。 ペットの遺体はたしかにゴミとして出しても差し支えはありませんが、このような感情的な事情も踏まえ、それぞれの家族が納得するかたちでの弔い方を模索しています。 なお、犬の場合はほかのペットとは少し事情が異なります。犬は、生後91日以降のものは自治体への登録が必要です。登録が済んでいた犬が息を引き取った場合は、「遺体の処理」だけでなく、自治体に「登録情報の抹消」を申し出る必要があります。(市役所などで受け付けています)

2.自治体の火葬場・民間の業者で火葬は行うことができる

ペットの火葬を行う場合は、その処理を依頼する先として「自治体」か「民間業者」が挙げられます。この2つにはそれぞれ違いがあります。 自治体の場合は基本的に、自治体の方に連絡し、ペットの持ち込みや引き取りを依頼するという形になります。しかしながら、自治体により考え方が異なることがあり、ホームページのみでは内容が掴めない自治体もあります。 火葬に関しては、他のペットと一緒に同一の炉で遺体を処理するという方法がよく利用されます。その後、その骨は共同で埋葬されることが多い傾向にあります。

3.民間業者に依頼する場合

民間業者に依頼する場合は、自治体の処分と異なり、家族の感情に最大限に配慮されています。色々な種類のプランが用意されていることが多いですが、比較的多く取り上げられているのは、個別で埋葬し、骨あげも家族で実施できるというプランです。 自治体の場合は、火葬されると、骨はほとんどの場合で返ってくることはありません。しかし、民間業者へ依頼する場合は、骨を返してもらうかどうかを選択することができるという大きなメリットがあります。また、そのような性質から、人間の葬儀ほどではないですが、 お別れの儀式などの実施方法を家族が自由に組み立てやすいというメリットもあります。 民間業者で火葬を取り扱っている多くの業者は、火葬の設備とサービスにとどまらず、お別れの儀式までも取り仕切っています。多くの業者がペット専門の葬儀を実施していますが、 なかには、人間の葬儀を行っている会社ではあるものの、ペットの葬儀も取り扱っているというところも、僅かながらに存在しています。

4.自治体での火葬と民間業者での火葬の違い

自治体での火葬と民間業者での火葬では、一概にどちらが良いか悪いかと決められるものではありません。民間業者の火葬は、自治体の火葬に比べて比較的に自由度は高いといえます。 また、火葬できるペットの大きさに制限があることを考慮しとかなければなりません。 自治体の場合は、基本収骨はできないと想定しておくべきです。そして60キロ以上のペットなどの、大きすぎるペットは処分できないなどの制限がある場合があり、ペットによっては処理ができない場合があります。 家族への配慮においては、やはり民間業者での火葬には劣ります。民間業者での火葬ではお別れの儀式などの場が設けられるように自由度があります。それに対し自治体では細かいシステムは期待できません。 また、民間業者では、365日24時間受付をしているところも多くあります。しかし、自治体では受付時間に限りがあり、年末年始や土日祝日の場合は特に連絡が取れないところも多くあります。 だからといって、自治体の火葬が、民間業者での火葬よりも特別に悪いというわけではありません。自治体の火葬は民間業者での火葬に比べ、費用は安く、料金形態もわかりやすいです。自治体は公共福祉の一部としてペットの火葬を実施しているため、利益を上げなければならない民間業者での火葬とはその立場が異なります。 「仲間と一緒のお墓にいれてあげたい」、「自身の弔い方の考えとして、なるべくお金をかけずに見送ってほしい」というような気持ちがあれば、自治体での火葬を選択することも間違いではありません。しかし、事前に確認しないと、骨が返ってくるものと思い込んでいたのに返ってこなかったというような事態にもなりうるので、しっかりと調べ、検討していくことをおすすめします。

5.ペットが亡くなってから火葬までの流れ

次にペットが亡くなってから火葬までの流れを解説します。まず、自治体の場合は以下のようにして行います。

<自治体で火葬を行う場合の流れ>

1. ペットをタオルなどの包めるもので包み、ダンボール箱の中に入れる
2. 自治体のホームページに記載されている電話番号に連絡する
3. 引き取りまたは持ち込みを選択する
自治体により多少の違いはありますが、だいたいがこのような流れで行っていきます。
それに対して、民間業者での火葬の場合はまた異なります。

<民間業者で火葬を行う場合の流れ>

1.民間業者に連絡をし、必要に応じて事前に保冷材などを使うこともある。
2.業者と打ち合わせを行い、時間などを調整する。
3.業者が遺体を引き取りに来るか、もしくはペットの火葬設備を搭載する車が来る。
4.プランによっては、この段階くらいでお別れの儀式の場が設けられる
5.火葬を実施する。
6.個別で骨上げを行えるプランを選択していた場合は、火葬後に収骨を実施する。

プランにより違いがありますので、3以降に違いが見られる場合が多いです。合同での埋葬を依頼している場合は6の工程は実施されません。また、民間業者によって考え方や流れは異なります。そのために事前にしっかりと確認することをおすすめします。 同じ業者でもプランの中に「返骨あり」のプランと「返骨なし」のプランがあるので、この点には特に注意が必要です。

6ペットの火葬に要する費用相場

ペット火葬にかかる費用は、自治体や民間業者によって異なってきます。
自治体による火葬の場合、民間業者のペット火葬と比較すると料金が安く設定されています。
多少の違いはあるけれど、1500~3000円程度が相場であり、決して高い金額になることはありません。価格帯の設定も1500円前後になる事が大半です。
民間業者による火葬プランは少し費用が変わってきます。主に「ペットのサイズ」や「複数のプラン」で金額が決まります。

ハムスターなどの小動物の場合は、合同での火葬であれば6000円前後、火葬は個別にするけれど、返骨はしないなどのプランは10000円程度、個別に火葬しつつスタッフが収骨をし、お骨を返すプランであれば15000円程度になり、個別に火葬しつつ、さらにご家族が収骨を行うプランであれば15000~20000円程度が相場となります。
しかし体のサイズが大きい動物の場合は、同じプランであっても料金が上がります。サイズが3倍あれば3倍というわけでもなく、これに関しては民間業者に確認する必要があります。場合によっては、火葬費用で5万円を超える事もあります。

人間の葬儀であっても、生前見積もりが大切と言われていますので、ペットの葬儀についても同じ事が言えます。 事前に見積もりを取り、値段を把握する事は大事な事です。その時業者の対応でその業者が信頼に値するかもわかります。

7.ペットの火葬を行うときに注意すること

ペットの火葬を依頼する場合には、いくつかの注意点があります。

業者の特徴や性質を見極める
家族の考えを考慮し、どのように進めてくかを決める。
入れられるものを確認する

それぞれ具体的に解説していきます。

業者の特徴や性質を見極める


業者を選ぶ際にはその業者の情報をしっかりと収集しておきましょう。相性が悪い業者を選んだばかりに、最後の別れが悲しいものになってしまったことや、業者の扱いが適当で、悔いの残ってしまうお別れになるという嘆きは、しばし聞こえてきます。このようなことがないように、事前にその業者の情報を収集することに努めましょう。 周囲の評判などもチェックすることがより正確な情報収集になるでしょう。
業者が悪いわけではなく、ただ依頼者が求めるサービス内容を、業者側がそもそも提供していないということがありますので、希望があるのであれば、それを具体的に業者の方に伝える必要があります。

家族の考えを考慮し、どのように進めてくかを決める。

「どのようにしてペットを送るか」についての考え方は、そのペットと最後まで一緒に過ごしていた家族であっても異なる場合があります。 たとえば、「合同で火葬にしてもらいたい。1匹だけで、孤独に焼かれるなんて悲しすぎる」と考える人もいれば、「私たちが1人ずつ火葬されるように、ペットも同じかたちで送りたいし収骨もしたい」と考える人もいるでしょう。 また、「個別での火葬に関しては家族みんなが望んでいるが、『収骨をして、お骨が手元に残っていると悲しみがぶり返す』と母が反対している。私はずっと手元に置いておきたいのに」というようなケースもあるでしょう。 このような「考え方の違い」に関しては、どちらが良い・悪いといえるものではありません。ただ同時に、だれかの意見だけを無理に通そうとすると、後々まで残る家族関係のヒビが走りかねません。ある程度時間をかけて、家族全員が納得する火葬のやり方を選んでいきましょう。

入れられるものを確認する

人間の葬儀と同様に、棺の中に入れられるものと入れられないものがあります。そのペットが好んでいた餌を入れるケースが良くありますが、缶などの場合は入れることを断られるケースがあります。
花などであれば、基本的には入れることは問題ありませんし、一緒に過ごした家族との写真を入れるケースも多々あります。一昔前では、人間の葬儀、火葬では写真を入れて送ることは、タブー視されてきました。それは動物にも同様なことがいえました。昔は写っている人の魂が一緒に連れていかれるといわれていましたが、現在においては、家族で見守って送りたいという考え方の方が優勢になっているようです。
入れたいものがあるならば、事前に業者に対して、「○○を入れて送り出したいのですが、差し支えはないでしょうか」と尋ねることで安心できるでしょう。

8火葬を行うペットの基準

人間の火葬の場合、「重量」によって料金が変わる事はまずありません。ペット火葬の場合、は「重量」によって値段が変わる部分が人間と異なるところです。 大半の民間業者では、「〇キロ以上〇キロ未満はこの料金」などのようにして費用の数字を決めています。ただ、全ての業者がそうではないですし、動物の種類によって金額を分けている業者もあります。なぜなら「動物の種類」がわかれば「大きさ」もある程度推測できるという事があります。
「何kg単位で費用が変化するのか」「どのように動物を分類するのか」は業者によって大きく異なってきますし、3キロ、5キロ、10キロ単位で分けるところもあります。

また10キロ未満の場合、2~4単位でわけているが、それ以上は8~10キロ単位でわける業者もいます。同等程度のプランに見えるけれど、A社の25キロ以上のプランとB社の25キロ以上のプランを比較した際、依頼の料金が2倍以上違う事もあるので必ず確認しましょう。
動物で固体差はありますが、1キロ未満の動物は「小鳥」「ハムスター」などがあります。
猫やウサギの場合は5キロ未満に分類される事が多いです。犬は犬といっても大型犬もありますし、人気の小型犬でサイズが異なりますから、小型であれば5キロ未満に分類されますがゴールデンレトリーバーなどは30キロを超えてきますので大型動物として分類されます。大型犬を飼っている方は注意する必要があるのですが、大きさによっては自治体での火葬で断られるケースもあります。
つまり民間業者にサイズの制限はなく幅広く対応はできるのに対して、自治体での火葬は、大きさや重量に制限が設けられているケースが多いので注意しましょう。こうなってしまったら民間業者での火葬を依頼する事になりますが、民間業者に依頼する場合でも事前に「大型」なのと「体重」「体長」を電話で伝えた上で対応が可能かどうかを聞いておく必要があります。


9.火葬後の遺骨の保管方法


収骨が可能なプランを選択した場合、収骨した遺骨をどのようにして処理するかを選択することができます。ペット専用のお墓に納骨する場合は、次のような方法が考えられます。


ペット専用の霊園を利用する
ペットが入ることのできる納骨堂を利用する
合同墓を利用する


人間が霊園を利用するのと同様に、ペット専用の霊園などを利用し、そこに骨を納めるのも一つの方法です。お墓型のものもあれば、納骨堂タイプのものもあります。 ですが、ペット1匹ずつに独立したお墓を提供しているという霊園はあまり多くはありません。そのため、利用する場合は、施設選びが重要になります。納骨堂タイプの場合は選択肢が比較的多くなるといえます。 ペットの火葬を行っている民間業者では、納骨堂を一緒に実施しているところもあり、納骨堂タイプを希望しているのであれば、業者を選ぶ際に、考慮しておくといいでしょう。 多くの場合、どこの火葬業者も「合同墓」を用意しています。これは火葬されたペットの骨を合わせて入れてくれるお墓のことです。 合同墓は、人間の墓をメインとする墓地によく見られるお墓です。同じところに埋葬慣れていると決まったわけではないですが、ペット用の合同墓がどういう性質を持っているかが見て取れるはずです。なお、人間の墓石が現在では多様化しているように、ペットの墓石についても同じことがいえます。 供養の仕方は人それぞれですので、ペット用の墓石を探して、庭に置くという供養の方法があります。供養に正解はありません。お金をかけることがすべてではないですし、木などを用いて自家製で作成するのも供養の一つです。

ペット一緒に入る事ができるお墓に納骨するのも、1つの方法となります。
本来ペットというのは「動物」、仏教では「畜生」として区別されてはいるのですが、「ペット=家族の一員」と考える人が大半です。ですので、このように考える人はほとんど現代ではいません。
「ペット」として考えるのか、「家族」として考えるのかで考え方は、現代ではかなり変化し、ペットと一緒に入る事のできる霊園を打ち出しているところも増えてきました。動物を「畜生」として区別する考えがある仏式の墓地でも、現在の考え方を反映させてこのようなスタイルをとるケースが増えてきました。このようなお墓の形態を選択肢の一つではないでしょうか。

また、「自然に還ることのできる」樹木葬も人気の高い方法の一つです。ペットと一緒の納骨を受け入れているところが多くあります。
ですが、霊園(墓地・樹木葬用の公園)によってスタイルが異なりますので、問い合わせることが必要になります。それにプラスして、「ペットの埋葬は可能だが、ペットの名前だけでは契約をすることができない」としている業者もあるので、確認する必要があります。
人間と一緒に納骨できるタイプの場合であっても、料金が別途で発生することがあるので注意が必要です。

他には、小さな骨壺の中に入れて、家でお祀りするのも供養の一つです。この場合、骨壺のサイズに合う仏壇や位牌を置くのがいいでしょう。近くに写真も見えるように置いておくことで、ペットが生きていたときと同じように過ごせるのがポイントです。ずっと長い間、近くに置いておけるのが魅力的なところです。
「人間の遺骨でアクセサリーを作る」という方法は、今ではよく目にすることが多いです。
常に身に着けることができますし、故人をずっと近くに感じることができるということで、支持する人が多いです。この「骨をアクセサリーにする」という方法は、供養の一つとしてペットの骨でも見られます。比較的にペンダント型のネックレスに仕立てることが多く、メッセージやイニシャルなどのオプションをつけることも可能な商品もあります。
アクセサリーの場合はデザイン性が重要になりますので、じっくりと検討するのが良いでしょう。2,000~3,000円程度で購入できるものもあれば、1万円ほどする金額がつけられているものもあります。

10.記事のまとめ

ペットを「家族」として考えられるようになった現代社会では「ペット」としてではなく、家族として扱い、火葬し、弔いたいと考える人が増加しています。
法律的なくくりで言えば「ゴミ」として出す事も認められてはいるのですが、自治体や民間業者によって火葬のサービスが提供されています。

民間業者の特徴はやはり自由度が高い点です。自治体では受けられない難しいサイズでも火葬する事が可能ですが自治体の場合はお骨上げがない代わりに安く誰でも利用しやすくなっています。民間業者のペット火葬にかかる必要な費用は大きさとプランによって異なってきますので、必ず確認しましょう。
ただし、大きさの基準や分類の仕方で左右されますので、業者で異なります。
プランは民間業者ごとにそこまで大きく違いはありませんが、「合同埋葬」「個別火葬だけど、飼い主は収骨しない」「収骨も家族で行う」というプランに分けられる事が比較的多いです。

収骨を家族で行うやり方が最も高い金額設定になっております。
火葬し、収骨が終われば、「それをどのように供養していくか」という問題が出てきます。
1.ペット専用の霊園に入れる
2.人間と一緒のお墓に入れる
3.手元で供養していく
3つの選択肢があります。

ペット専用の霊園に依頼する場合は、特別こだわりがなければ、火葬を頼んだ業者にそのままお願いするのが良いでしょう。
業者は合祀するための墓にアテがありますし、個別に葬りたい場合でも、納骨堂などを保持している事が多く、そこに納める事ができるようになっている事も多いのです。
_近年、樹木葬などが有名ですが、現在はペットと一緒に入る事のできるお墓も出ています。
ただ、施設によって考え方が異なる事もあるので事前に必ず確認しましょう。

ペットの骨を手元に置いて供養したいと考える方もいますし、方法の一つでもあります。
骨壷に入れるがもっともスタンダードではありますが、アクセサリーにする事も可能です。
一時でも同じ時を過ごした大切なペットですからどんな形で葬っても良いのですが、家族でどのような方法が良いのか決めるのが一番大切な事です。

プランのご案内
火葬の種類や料金など
わからないことが、ございましたら
何でもご質問ください
よくあるご質問
ペットの火葬や供養に関しての
よくあるごご質問をまとました。
不安な事・わからないことは、何でもご質問ください。